読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空前絶後のブログ

「このようなブログを今後、我々が読むことは恐らくかなわないでしょう」-ヒラリークリントン-

ネットで「やたら批判的な人」の心理を分析してみる。~あるいはただの自己分析~

 最近はてなをダラダラ見ていましたら、こんなエントリがありました。(というかはてなブログもっとうまく貼れないんかな。誰か教えてください・・・)

「イケダハヤトの収支を分析してみたら、年間所得は推定560万ぐらいだった」なぜ彼は年商を語りたがるのか?

http://www.goodbyebluethursday.com/entry/ikedahayato20151227

  この方、他の記事も読めば分かりますが「プロブロガー」とか「ノマド」みたいな浮ついた人が大嫌いみたいで。その代表格であるイケダハヤトさんが

 収入2,000万円ってこんな感じか…。お金に困らなくなってわかったこと。

http://www.ikedahayato.com/20151224/50859065.html

  こういう記事を書かれたことに対して年商で言えば2000万でも所得で言ったらこのぐらいでしょ、たいした事ないね、と指摘してるわけですね。それに対して今度は

イケダハヤトは圧倒的に正しい。

http://tokunoriben.hatenablog.com/entry/2015/12/30/112322

 別のブロガーの方からこんな反論が寄せられました。んで俺自身はイケダハヤトさんを割と好きなので、中立的とは言えないのですが、ぶっちゃけ超どうでも良い争いだなあという感想を抱きました。

 まあイケダハヤトという人はブログのタイトル「まだ東京で消耗してるの?」という煽り全振りみたいなタイトルの通り、炎上芸でPV稼いでる人なので、キレる人がいるのは分かるのですが。

 しかしイケダハヤトさんの煽り記事に対して反論するならまだしも、とにかく穴を見つけて叩きたいという執念も凄いし、自分の事でもないのにそれに反論記事をあげてる人がいるのも凄いなあ・・・と。俺が余り他人に興味抱かないだけかもしれないのですが。そんな俺目線で今回は「ネットで批判的な人」を分析していこうと思います。

 で、ネットというのは、基本的に匿名性が高く、故に無責任に言いたい放題できます。なので実社会ほどその論理的である事や結果への評価が求められることはまずありません。そのため「嫌いなものがダメな理由」、「批判のための論理」が横行しがちです。

 上に挙げたブログを読んでいただければ分かりますが、イケダハヤトを叩いている人はイケダハヤトみたいな社会のレールから外れた人が大嫌いだし、それを更に批判している人は、イケダハヤトにシンパシーを抱いています。そしてその上で、嫌いなものを嫌いと叩くために批判記事を載せるのです。感情が先で、論理など後からついてくるのです。

 などと偉そうに全方位に喧嘩を売ってしまいましたが、上のお三方はかなり凄いほうだと思っています。なぜならちゃんとその論理を読ませる形にし、かつ、実際ちゃんと筋がある程度通っているからです。これがヤフコメとかだと本当に酷いからねマジで。

 それで、この嫌悪感って公に発信されればされるほど増幅されやすいんですよ。上のお三方にしても、これが知らない人同士、たまたまチャットか何かしていたら意見が食い違った、程度ならもっと温和に終わったと思うんですよね。

 これは何でそう思うかというとね、最近2chで「けいおんコードギアスどっちが面白いか?」みたいなスレッドを見かけたんですよ。それで俺はけいおんの大ファンなんですが、スレッドに「ギアスの方が面白いに決まってるだろwけいおん(笑)」みたいなこと書き込んでる奴がマジで許せなかったんですね。「は?けいおんの方が面白いんだが?」みたいなレスを書き込んで、結局その応酬で1スレッド(=1000レス)使ってしまいました。

 超時間の無駄なわけですが、その時の俺の心理って、勿論けいおんを批判された事にも腹がたったんですが、それ以上にギアス>けいおんということを当たり前の事実のように主張される事に我慢ならなかったのです。もっと言えばそういう意見が2chの主流になってしまうのではないかというような恐怖があったのです。

 ちょっと話が飛びますが、例えばネトウヨって単語あるじゃないですか。言葉が独り歩きしてる感ありますけど、最初の意味としては「右翼的な思想を持ちながら、リアルではなくネットでばかり活動している人たち」を指すんですけども。

 じゃあ実際、なんでネトウヨはリアルではなくネットでのみの活動に精を出すのかと言えば、俺が思うに自分が影響力を与えられそうなギリギリの距離にネットのコミュニティが在るからではないでしょうか。

 他人が強引に主張を押し通せば、そのコミュニティの意見がそちらに流れるし、逆に自分をそれを行う事が出来る。そういう感覚が確かにあるから、他人の意見に敏感になるし、強引に主張もする。

 話を戻しますと、あくまで自己分析が元なわけですが、ネットで批判する人の動機って自分と違う意見をさも当たり前のように言うのが許せない、それに尽きると思うのです。