空前絶後のブログ

「このようなブログを今後、我々が読むことは恐らくかなわないでしょう」-ヒラリークリントン-

やりたいこと探しとか仕事辞めた話とか 続

stockfoto_9161771_S

そんなこんなで俺は仕事を辞めました。やりたい事を探すために。
やりたい事を探す、というか、この時点では大体やりたい事は決まっていました。

そう、『ウェブ起業 』だ。

こう書くと「やっぱ意識高い系っすね^^;」 とか「流行りのものに飛びついただけじゃない?」とか「楽して稼ぎたいだけでしょ?」とか言われるかもしれませんが・・・俺は声を大にして言いたいです。

ちがーーーう!NO!!

まず第一に俺はインターネットが好きなのです。学生の頃は自分でホームページをつくり思う事を発信したりしていました。 また、2chとかニコニコのようなサブカル文化も大好きだし、何時間も費やした。
なんというか自分が発信したり作ったりした『場』で他の人が関わり、連鎖していく、生の感情が交錯していく感じがすきなのですよ。

第二に俺には素晴らしいアイディアがありました。それは大好きなネットの創作文化をもっと面白くするものであり、勤めていた広告業界で顧客にもっと貢献出来るサービスであり、 俺がいつもネットをしていてこんなものがあればと思うものであり、親友にプレゼントしたいものでした。

これらのサービスについてもあとでブログに載せようと思うけど。とにかく俺には「当たる」 自信があり、アイディアを考えるのは楽しく。可能性を考えれば考えるほど、「これが俺のやりたい事だ」と思えたのす。

 

そうして俺は仕事を辞めました。


そしてその後俺はどうなったか?この半年で成果はあったのか?

特に何も無かったです。

俺はびっくりするぐらい無気力だった。これは後で別にまとめるけど、人の行動は簡単に変わらない。

人の行動というのは、大別すると「ストレスがたまること」、「ストレスの解消になること」、「どちらでもないが続けてしまうこと」の3種類があるように思えます。
俺はこの「ストレスの解消になること」と「どちらでもないが続けてしまうこと」を同じものだと勘違いしていました。これを混同すると、仕事を辞めようが辞めまいが、大して行動は変わらない。結局ダラダラと無益に時間を過ごすハメになるのです。

次に俺はプログラミングで挫折しました。
学習の途中で全く理解の出来ない動作不良に襲われ、色々と試したがプログラムはうんともすんとも言わなくなりました。

しばらく放置し、思い出したようにトライする。あれ?なぜかできる。こんなことを繰り返したが、未だにプログラミングの力は初心者に毛が生えた程度・・・。自分の思うサービスをつくるなど、到底先・・・といった感じです。

こんな感じで今は停滞中です。金銭的にも、あと6ヶ月ぐらいしか余裕はありません。なのでそれまでに何も出来なければ、再度何らかの形で働くでしょう。でも今のフルで時間を使えるよりも、夢は遠のく。それではイヤだ。

単純に答えが見つからないままというのは苦しいというのもあるけど、それ以上に俺は同じように苦しんでいる人がいたら、助けられる自分でありたいと思うのです。あるいは「自分探しとかアホでしょw」 という風潮に対して、「俺は自分のやりたい事を見つけて、それは経済的にこれだけの利益になりましたよ。探し方はこうですよ」といえれば、そういった風潮が変わると考えるからです。

だから自分が納得できるカタチに到達せねばならない。何としても。

この後、俺は様々な人に助けられることとなります。それについてはまた次回・・・

 

こちらもどうぞ

 

kuzenzetugo.hatenablog.com